本気で夢を叶える会の考える

夢とは

夢は手段

本気で夢を叶える会では

「夢」を

「ありがとうのための手段」

と考えます。

私が生まれて間もない赤ん坊のころ、

父と母が、私に笑いかけてくれたり、

私を笑わせてくれることが楽しかったし、

嬉しかったし、これ以上ない幸せでした。

もちろんその時のことは

何も覚えていないけどきっとそうだと。

赤ん坊である私にとって

父と母との笑顔を交わせること。

これが私の幸せであり夢でした。

そしてもっと父と母を笑わせるために、

様々なことにチャレンジしてきました。

微笑んでみたり、マンマと言ってみたり、

ハイハイしてみたり、手を合わせてみたり、

つかまり立ちしてみたり、歩いてみたり。

何千何万というチャレンジをして、

父と母を笑わせようとしてきました。

くつを揃えてみたり、お辞儀してみたり、

絵を描いてみたり、名前を書いてみたり、

九九を覚えてみたり、自転車

父や母のように歩きたいし、

立ち上がりたいと思えば、壁をつたい、

字を描きたいと思えば、手に筆を持ち、

自転車に乗るために何度も練習を重ね、

幸せになるために役に立つと思えば、

モテたいと思いギター、料理、お酒

お金を稼いでもっとモテたいと思い

仕事、恋愛、結婚、健康、お金、時間、

人脈、企画、営業、料理、お酒

あらゆることを学び、努力してきました。

色んなことをしている中で

モテることよりももっと心が満たさせることがありました。

それは「ありがとう」をもらえることでした。

もちろんモテることや好きな人に好きと言ってもらえることは

本当に嬉しいし幸せを感じます。

でも、なぜかそれ以上に「ありがとう」の言葉から

すごいパワーをもらえたり、心の支えになりました。

私たちは人間で地球人で日本人です。

ネットとデジタルを活用しながらも、

お互いの心と気持ちを大切にしたい。

ひとりだけで抱え込むより、共有し、

思いを心に秘めるより、分かち合い、

夢を持つのは、立派でも格好よくもなく、

誰もが自身の心に芽生える自然な気持ち。

夢は超自然なこと

感謝とは

幸せとは